ABOUT

2008年トニー賞2部門受賞! ドタバタ喜劇の大傑作が日本に再着陸!!

本作はフランスの劇作家マルク・カモレッティが書いた戯曲で、1960年にパリで初演。以降、世界中で幾度となく再演され、日本でも何度も上演された大人気コメディです。1965年の映画版ではトニー・カーティスとジェリー・ルイスが出演。2008年にはロンドンの人気演出家マシュー・ウォーカスがブロードウェイでリバイバルさせた公演が大ヒットし、見事第62回トニー賞の”リバイバル演劇作品賞“と”主演男優賞“を受賞しました。

モテない男・ロベールを演じるのは、ミュージカル・コメディの『悪魔の毒毒モンスター』、コメディの『23階の笑い』『放課後の厨房男子』と、コメディには定評のある福田悠太(ふぉ~ゆ~)
二枚目のモテ男・ベルナールは、関西ジャニーズJr.時代から芸人顔負けのツッコミで人気を博し、『どれミゼラブル!』『コムサdeマンボ!』などのコメディにも出演している室龍太が演じます!
そして、重要な回し役とも言える家政婦・ベルタを演じるのは、バラエティのみならず女優としてもベテランの松本明子です。

ベルナールが付き合う3人のキャビン・アテンダントは、
ドイツ人・ジュディスを元宝塚歌劇団雪組トップ娘役の愛加あゆ
アメリカ人・ジャネットを映画やドラマ、バラエティなど多方面で活躍中の大友花恋
フランス人・ジャクリーンをモーニング娘。OGで数々の舞台で活躍する飯窪春菜が演じます。

時代が変わっても言語が違っても誰もが爆笑できる、喜劇の原点が詰まった最上級のコメディ。
2022年、日本を爆笑の渦に巻き込むに違いない『ボーイング・ボーイング』にぜひご期待ください!!

ストーリー

1960年代のパリの日曜日、空港に近いパリ市内のアパルトマンに住んでいる建築家の“モテ男”ベルナールはアメリカ人のフィアンセ、ジャネットと朝食を楽しんでいた。すると、田舎から旧友の“非モテ男”ロベールが訪ねてくる。

ジャネットを見送った後、ベルナールはロベールに自慢する。自分は三か国の美女三人と付き合っている、と。しかも全員が国際線キャビン・アテンダントなので、スケジュールをうまくやり取りすれば、全くバレずにうまく行くのだと。昼になるとフランス人のジャクリーンがランチにやってくる。ロベールにジャクリーンを紹介するベルナール。

フライトに出かけたジャクリーンの後、まもなくドイツ人のジュディスが予定より早く着いたとやってきて、ジュディスは間違えてロベールにキスしてしまう。人生初のキスに仰天するも、何かに目覚めてしまうロベール。

そこへ、フライトスケジュールが変更になったとジャクリーンが再び戻ってくる。二人が鉢合わせしないようにジャクリーンを何とか外出させようとするベルナール。更にそこに天候不順で同じくフライトが変更になったジャネットも戻ってくる。三人全員が同じ時間にアパルトマンで会うことになってしまい、焦るベルナールたち。ロベールや家政婦のベルタを巻き込んで、何とか場を取り繕うとするベルナールだが・・・。

果たして、ベルナールは三人とうまく付き合っていくことは出来るのか!? そして女に目覚めたロベールは?

ページトップへ