宮島未奈は何者?経歴は元ブロガーでR-18文学賞トリプル受賞の実力者

芸能
スポンサーリンク

2023年3月18日に青春小説で作家デビューを果たした宮島未奈さんが話題です。

地元の滋賀県を舞台とした小説「成瀬は天下を取りに行く」が注目を浴びており、既に続編の執筆にも取り掛かっているのだそう。

今回は宮島未奈さんとは一体何者なのか、wikiプロフィールや経歴を調査しました。

それでは、早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

宮島未奈は何者?wikiプロフィールを紹介!

滋賀県を舞台とした青春小説「成瀬は天下を取りに行く」で作家デビューを果たした宮島未奈さん。

彼女は一体、何者なのでしょうか。

まずはwikiプロフィールをご紹介させて頂きます!

  • 名前:宮島未奈
  • 読み方:みやじま みな
  • ペンネーム:宮島ムー
  • 生年月日:1983年
  • 年齢:39歳 (2023年3月現在)
  • 出身地:静岡県富士市
  • 居住:滋賀県大津市
  • 学歴:京都大学文学部 卒
  • 趣味:読書、編み物、宝塚歌劇、広島東洋カープ、競馬、資格取得、人狼ゲーム
  • 家族構成:旦那、小学生の娘3人

宮島未奈さんは1983年生まれの、現在39歳となります。

同い年の旦那さんと小学生の娘3人と一緒に暮らす、大津市在住の作家さんです。

資格の数が凄い!

宮島未奈さんのブログに訪れたところ、とても細かなプロフィールが掲載されておりました。

中でも筆者がびっくりしたのは、資格の数の多さです

現在、保有している資格は、以下の通り。

日商簿記1級、税理士試験簿記論、漢字検定準1級、
宅建、FP2級、秘書検定2級、英検2級などです。

資格マニアではないのでやみくもに受けるわけではなく、
多少は役に立ちそうな資格を取るようにしています。

引用:muumemo.com

ご本人曰く、資格マニアではないので闇雲に資格を取っているわけではなく、実生活で役に立ちそうなものを選んでいるのだとか…。

ペンネームの由来

そして、もう1つ気になったのが「ムー」というペンネームです

一体どこから来たのか由来を調べてみたところ、ちゃんと理由があったのです。

宮島さんが数年前に、広島県の宮島水族館のペンギンのネーミングに応募したことがあったのだそう。

そこで見事に採用され、付いていた名前が「むー」だったのです。

また、大好きな広島カープが得点した時に歌う「宮島さん」も後付けの由来となっているそうですよ。

スポンサーリンク

宮島未奈の経歴は元ブロガー!R-18文学賞トリプル受賞の実力者だった

ここでは宮島未奈さんの経歴について調べてみました。

39歳で作家としてデビューされた訳ですが、過去にはどのようなお仕事をされていたのでしょうか。

現在では在宅ワークをしているとのことですが、小学生の頃から文章に携わっていたそうです

略歴まとめ

そんな宮島さんの略歴は以下の通りです。

  • 小学生時代:小説を執筆
  • 2008年:執筆休止
  • 2013年:ライター
  • 2014年:ブロガー
  • 2016年:「オオツメモ」が滋賀Web大賞2016で優秀賞 受賞
  • 2017年秋:執筆再開
  • 2018年10月:第196回コバルト短編小説新人賞 入選
  • 2021年:第20回女による女のためのR-18文学賞 受賞

幼少期の頃から読書が大好きだったという宮島さん。

日頃から文章に触れ合っていることもあり、小学生の頃から小説を書かれていたのは圧巻ですよね。

本来は小説家を目指していたのだそうですが、「プロになるのは難しい」と思い、2008年に執筆を休止されてしまったようです。

年齢的には大学を卒業し、一般の人であれば社会人として1〜2年目で働き始める頃あいでしょうか。。

これだけ文章に携わっていても、プロになるのは難しい…小説家という職業は狭き門なのかもしれません。

2013年からは在宅ワークにシフト

宮島さんは子供が産まれたのをきっかけに、2013年からは「在宅ワーク」を本格的に取り組みます。

ライターという職業では「ランサーズ」や「クラウドワークス」に登録し、文章を書きながら収入を得る体験をすることに。

そして2014年には本格的にブログ運営を開始。

オオツメモ」という自身のメディアを持ちながら、他にも多数のサイト作成を行います。

あまり更新していないサイトは、他に7サイトもあるとのことで驚きですよね。

2021年には「R-18文学賞」でトリプル受賞

また、2021年には「R-18文学賞」でトリプル受賞を果たすことに。

2021年に、新潮社が主催する「R‐18文学賞」で、短編小説「ありがとう西武大津店」が、大賞など3つの賞をトリプル受賞しました。17日、新潮社から発売された「成瀬は天下を取りにいく」は、この「ありがとう西武大津店」を含む連作短編集で、滋賀・大津を舞台とした青春小説となっています。

引用:BBCびわ湖放送

短編小説の「ありがとう西武大津店」が、

•大賞
•読者章
•友近章

3つの章を受賞していたことが発覚!

これからのご活躍に、ますます注目が集まりそうですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能
bibiをフォローする
ビビトレ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました